探偵の秘密道具とは?

>

時には変装まで

変装グッズを貸与する

探偵事務所によっては、変装グッズをスタッフに貸与していることがあるそうです。
また、私服があまりにも目立ってしまう場合には、変装とは違いますが、あまり目立たない服を貸し出す、もしくは贈与する会社まであるそうです。

オフィス外であればスーツで問題ないと思いますが、住宅外で夜間にスーツを着た人がうろうろしていては目立ちますよね。
同じように原宿のような街にあまりにもサラリーマンのような服装でうろうろしていては、調査対象者に気付かれなくとも、周りの人から見れば、逆に怪しい人物になってしまいます。
オフィス内への潜入時には清掃員や業者のような服装で出向く場合もあるそうです。
調査を実施する場所に合わせた変装が、目立たなくするための大切な要素なのです。

どんなもので変装するのか

服装を変えるだけ、ではなく、変装グッズともいえるようなアイテムを使って変装することも多いようです。
実際に、探偵事務所には、アイテムが揃っているそうです。

それは、眼鏡やマスク、帽子だけでなく、つけひげやカツラなどです。
女性の調査員であれば、お化粧でも印象が変わりますから、メイク道具もたくさん揃っているそうです。
また、変装グッズを持ち歩き、途中で着替えることもあるそうです。
人自体を入れ替えて調査することもあるようですが、人件費の問題もありますから、一人で何役もこなすパターンが多いのだそうです。
尾行を繰り返す場合は、特に変装の機会が増えるようで、服を何着か持っていたり、場合によっては髪の分け目を変えるなど、瞬時にイメージをチェンジする能力が必要な職業のようですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る